きくてぃーの夢伝説日記

地域の活性化のお手伝いをしています。趣味、バドミントン 埼玉生まれ、埼玉育ち→山梨県小菅村

*フリーランスで働くって憧れるよね。

「いやー、フリーランスになって前職より仕事量増えたけど楽しいから負担少ないよ〜。」
って言ってる人が多い気がする。(これが僕の主観であったらすみません。)
 
小菅村に来てからは毎日が嵐のように、たくさんの出来事が起こった。それをひたすら悩む日々。少し余裕ができてきてからは、いろいろ挑戦させてくれたことがきっかけで1つの目標ができつつある。
 

大切なキーワードは「やりたいことを一生懸命やる!」ということ。

 
僕の知っているフリーランスで働いている人たちを見ていると、みんな息を吸って吐くように仕事をしているというか本当に仕事が好き。
ただ、人に言われたことをただこなすのではなく、やりたいことをやるのが好き。
しかし、それに関しての探究心や努力は身を削ってでも惜しみません。
だからクオリティが高く、仕事のリピーターもつく。
 
「そこまでする?笑」ってのが頻繁にあって、しかもセンスがいい笑。
 
 
おそらくこの人たちは’’趣味=仕事’’だと思っていたけど、その域も超えている。新ジャンルな感じ。
 
たぶん、自分が倒れようとも関係なく中途半端に仕事するのが一番イヤなんだと思います。結局は、自分のやりたいことにどれだけ頑張れるのか、それだけ。人はいつ死ぬかわからないからね。
 
 
だから、僕も「仕事イヤだなぁー」って働くのではなく好きなことをとことん追求できるような仕事にしていくことを目標としていきたいよね。人生の時間の中で’’仕事’’はかなりの時間を使うので、そこが健康的で且つ楽しくなければ、結構つまんなくなっちゃうことは明白。
 
 
時にはリスクを回避する選択も必要だけど、後悔しない人生を歩むのであれば選択肢は決まっていることってよくありませんか?
 
一歩踏み出すのが怖くて手を引いちゃうと途端にダメになり、勇気を踏み出すと途端に1.2.3でトントン拍子にうまくいくことも多い。
 
頭がいい人ほど、決断が大胆だったりするのはホントによく考えているから。
大企業に勤めていて出征コースだったのに、突然辞めて起業するケースもそう。
 
 
やはり、仕事の究極がフリーランスや自営業の人なのかも。
って思うから、それに向かっていろんな可能性を探っていく時間にしたいな。
 
 
もちろん美味しいご飯やお酒をたらふく飲みたいし、いい服や車も買って、女子にもモテたい。
でもそれだけじゃなく、目に見えない心の充足感のためにしっかり働く。これに尽きる!
 
 
おわり