きくてぃーの夢伝説日記

地域の活性化のお手伝いをしています。趣味、バドミントン 埼玉生まれ、埼玉育ち→山梨県小菅村

*今、注目の民泊事業ってなかなか夢あるよね!

民泊事業について考えてみる。

まず、民泊とはどんなものか。

 

民泊とは?

民泊とは、端的に言えば「民家に宿泊すること」。ホテルや旅館といった宿泊施設ではなく、個人の自宅やマンションの一室などに宿泊することを指す。

日本には4万件以上の民泊施設が存在するなど急成長を遂げている一方で、現行の旅館業法では個人宅の空き部屋であっても「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」に当たる場合には、旅館業法上の許可が必要となる。

訪日外国人旅行者の数は年々増加しており2020年の東京オリンピックまでは引き続き増えることが予想されるため、政府は旅館業法の規制緩和と新しい法制度(民泊新法)の枠組みつくりを行っている。

《関連記事》民泊とは?Airbnbが人気を集める理由と規制緩和の方向性

 

なぜ今「民泊」が話題なのか

なぜ今多くのテレビ番組やニュースで取り上げられるほど「民泊」が話題になっているのか。その理由は「Airbnb(エアービーアンドビー)」という米国発の民泊サイトにある。

Airbnb(エアービーアンドビー)とは、空き部屋を貸したい人(ホスト)と部屋を借りたい旅人(ゲスト)とをつなぐ、2008年に創業した米国発の民泊サイト。すでに世界191ヶ国65,000以上の都市で利用され、通算のゲスト数は1億5000万人を超える。

Airbnbによってもたらされたもの、それが他人の家に他人が泊まるタイプのホームシェアリング(民泊)だ。従来、民泊といえば、友人を自宅に招く「民泊」や、旅行先で知り合った人の家に泊まる「民泊」が一般的だった。しかし、Airbnbとインターネットの力、そしてお部屋の貸し手とお部屋の借り手の双方がお互いに評価される仕組みによって、他人の家に他人が泊まるタイプの民泊が実現。

信頼できる相互評価システムを持つAirbnbは人々を魅了し続け、ついに2015年時価総額では、ホテル大手のマリオット・インターナショナルを上回る価値にまで成長したユニコーン企業※になった。

※企業としての評価額が10億ドル(約1000億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。

 なんだかんだ、米国からの流れもあるんですね。

日本にとっては2020年の東京オリンピックに向けて、宿泊サービスはもっと多様化されていくべきで法の改正とかもあって、民泊の規制が緩んだりしているらしい。

それに、空き家や空き部屋がたくさんな日本にはいい施策な気も。

特に農林漁業の体験と民泊をセットにしたものも注目されてきていて、僕の周りの協力隊もやろうとしている人がいます!

大きいことやろうとしてる人は本当に尊敬!

 

そんな中で特に田舎ではこれで民泊やりたい人が多いと思われる、

’’民泊’’×’’農林漁業体験’’

「農林漁業体験」はどうする?

これは、農林漁業体験の構築に個性や差が出ると思う。

農業体験だったら、収穫体験や田植え、畑作業など、

林業だったら、チェーンソー講習、薪割りなど、

その土地だからできる、その土地にしかできないようなことで体験プランを構築できれば強みができて魅力的なものになりそうだなと感じる。

自分の子供ができたとしたら、ぜひ子供にそういう体験をさせてやりたいと思うし、家族向け、子供向けも体験もいいな。

 

「民泊はどうする?」

肝心の宿泊先に関しては、

「自宅のような心地よさ」「清潔感」

は必須で、それでもってゲストハウスのような楽しみ要素も含まれていればよりいいな。(これは俺の主観です。なんか1つ飛び抜けてるものがあればいいなってことです。)

適当に例えを列挙します。

▪️なんとも田舎らしい、おばあちゃんやおじいちゃんがいる。

▪️めっちゃノリのいいお姉さん、お兄さんがいる。

▪️囲炉裏とか掘りごたつ、ハンモックなど非日常的なものが散りばめられている。

などあれば、基本的には満足ですが、

 

↓これは目的と反しちゃうけど、こんなのあったら衝撃的!みたいなもの。

▪️1Fの一角にお酒が揃ってて、小さなBARカウンターがある。

(自分でもお酒作れるし、ホストの人がお酒作れたりする。)

▪️60インチ以上の大型4Kテレビがあって、HuluとかU-NEXTとか見れちゃったり。

(TVだけで20万以上かかっちゃうね。。。)

▪️漫画や本が小さい図書館並みに豊富。

(夢あるけど、無理か。。。)

▪️風呂がガチ。

(浴槽でかくて、キレイ。ホテルのようなキレイさというより個性派な感じ。)

 

などなど。実現不可能なものばっかりですけど笑

 

でも、いろいろ「これとこれは合わない」とか言われているものでも両立できたりするのでいろいろ探ってみるのはいいかもしれないですね。

なので、強みを持った個性的な民泊…がいいなって思った今日でした。

 

 

おわり

 

 

*中小企業の新規参入事業について考えてみた。

今日の会話の話。

 

お題。「中小企業の新規事業といっても絶対難しいよね?」

 

おじの会社がクリーニング業の会社なんだけど、これからの時代や会社の在り方を考えるにあたって、新規事業に参入したり規模拡大したりってのを考えているらしい。

 

それで、新規事業参入について考えてみたけどなかなか難しいですね。。。

何十年もその道一本で会社やってきてるのに、ネット事業をやってみるとか商品開発してみるとかって、なかなか最初は足が出ないことだと思うしノウハウもない。

これこそ、しっかり念密な計画と思いっきりの良さが大事なのかも。

 

でもやっぱり思うことは、

 

既存の組織とか資産とか、今までやってきた事業のノウハウを使えることが一番だよね。あとは余ってる資産とか、使われていない資産とか。

あと忘れてはならないのが、ターゲットを絞り込むこと。

ニッチな層を攻めることによって、その商品(サービスも)がより尖った商品になっていくことが大切ってことはなんとなく分かる。ターゲットがぼんやりしていると商品そのものも、ぼんやりして購買意欲がそそられないですよね。「他にも同じような商品あるよな、これ。」ってなる。そういうこと。

 

商品に限っていうと、

’’商品そのものの魅力+パッケージの良さ+手軽さ’’だと思う。

パッケージの良さ=ジャケ買いはぼくもよくやってしまいます笑

でも、持っていてオシャレとかカッコイイとか可愛いっていうのも1つの価値だからアリだな。と思うけどな。

 これは、去年商品開発してみて少し実感したことです笑。でも、パッケージいいから1回買ったけど、もういいやって思われるような商品はダメです。やっぱりリピートされないと。

 

あ、それと大事なこと忘れてた。

一番大切なのは情熱!

これはいうまでもないか。この事業を成功させるぞ!と一生懸命になれることが重要。だから、自分の好きなことを仕事にできたら一番幸せなことだなと思う。

人生の大半は’’寝ること’’と’’仕事すること’’だから仕事はストレスの溜まり続ける環境っていうのは本当に体に良くない。まぁ、時期によってとか負荷がかかって「仕事イヤだな…」と思う時もあるかもしれないけど。

一生懸命になれる仕事=天職

って自分の中で定義して、自分も天職が何か早く見極めていつまでも楽しく仕事できるように日々頑張ろう。

 

最後におさらい。新規事業に大切なこと3つは、

1、既存の事業や組織、ノウハウを有効活用すること

2、ターゲットの選定

3、事業を成功させようとする情熱

ですね。今日も勉強になった。

 

 

ps.中小企業診断士の資格の勉強してるけど、なかなか頭に入っていかない。。。

 一緒に1次試験の勉強してくれる人いないかな笑

 今年、1次の2、3科目パスして来年2次までいければと思ってます。

 

おわり。

*計画って大切だけど、もっと大切なのはやっぱり’’実行’’することだよね?

最近感じたことのひとつ。

 

僕の周りのいろんな人から言われることが

「計画はたくさんある。あとはしっかり実行できるかどうか。」

 

これは、普段の生活にもいえることかなと。

例えば、資格を取るための勉強の計画や旅行に出かける時の計画もそう。

仕事でいうと、1つの大きなプロジェクトを実行するためには念密な計画がいるけど全てが計画通りいくわけじゃないし、実行していくほうが遥かに難しい。

っていう、極普通なことがプロジェクトを進める人として最近身にしみて分かってきた気がする。ぼくが、国の補助金を利用して商品開発した時のプロジェクトのリーダーをやってみて感じたことです。

 

なんか、ぼくの段階からして(なんかちょっと恥ずかしいけど笑)

■計画も実行も同時並行で行き当たりばったりが1番速くね?

■計画?って大切なのは分かった、でもどういう計画たてればいいの?

■はい。計画たてました!あとは実行するだけ!(7割くらい終わったと思ってる)

■え、思ったより計画実行していくのって一筋縄じゃいかないな…(今ここ)

 

思った以上に、予期もしないイレギュラーなことが起こったりして時間かかったりすることもあれば計画そのものを少し変えないといけない状態に追い込まれたりするものなんですよね笑。

多分、圧倒的な経験不足が問題でちょっとづつ計画もたてればたてるほど洗練されてくるものなのかも。なんというか、今までの経験から問題を回避する知識がつくというか。やはり、経験がものをいうのか。。

今年も小菅村でいろんな事業で計画実行が取り巻いている中で、いろいろ楽しみではあります。

 

でも、まずは計画を立てること!

ぼく「〜〜さん。ぼくこういうのやりたいです。〜〜〜〜」

先輩「とりあえず、企画書見せてよ!」

ぼく「えええ〜。。。俺、まだこの企画の道筋が半分くらいしか見えてないんですが…企画書なんて書ける段階じゃないっす。」

先輩「そんなのいいんだよ!企画の5%くらいしか分からなくたって!とりあえず書け!」

新卒1年目の初期段階の会話…笑

でも、これって大切なことを教えてくれたと思ってます。

自分の頭の中を、相手にしっかり分かるように伝えて相互検討することが大切なのかも。

 

やりたい!やりたい!っていうだけの人間にはなりたくないな。

全ては実行あるのみ!

 

勇気ある実行が自分を変えることになる。

とぼくは思っているので、躊躇せずに自分の信じた道を行けば結果はついてくると思っています。そのためには’’努力’’と’’根性’’が重要だから日々鍛錬します!

 

ps.あれ、こういうこと書きたかったんだっけな…笑。なんか違う気がするけど。とりあえず、書けるときにできるだけ記事を書くことが大切なのでいっか。。写真は、小菅村の好きな眺めのところ!

 

f:id:benio-diary:20170605214832j:plain

 

おわり

 

 

*はじめに(自己紹介)

ープロフィールー

菊池 紅輔(きくち こうすけ)

 

1992年生まれ、埼玉県出身の24歳。

大学時にNPO団体の活動や地域コンサル会社のアルバイトをきっかけに

地域の仕事やコミュニティ活動に魅力を感じ、大学卒業と同時に山梨県小菅村に移住。

 

H27年4月〜 小菅村地域おこし協力隊 道の駅こすげ配属。

道の駅こすげ立ち上げ、地域資源を使った商品開発、イベント企画運営、情報発信などに従事。

 

趣味はバドミントン(歴12年)、読書、食べること、温泉巡り

 

 

ーメッセージー

はじめまして。菊池です!

小菅村に移住して、早2年が経ちました。

 

ブログを始めようと思ったのは、自分の想いや考えを伝えることや整理することが大切ということが大切だと感じたからです。そのためには…文字におこして見るのが一番というのと「自分のブログをやってみたかった。」もあるかな。笑

 

田舎情報(仕事関連やその他情報)、日常生活での気づきなどを記事にしていきますのでよろしくお願いします。

 

 

どんなことやってるの?

時には、道の駅のレストランスタッフ

時には、地域資源を使った商品開発プロジェクトを進めたり

道の駅または隣接している小菅の湯のイベントの企画運営をしたり

情報発信(SNS・HP)企画書、報告書作成や他県や県内の協力隊同士の交流、

村外での活動発表や営業活動など。

その他に、消防団の活動や地区ごとに行われる祭りの練習などの地域活動もあり。

地域に根ざした活動といえます!

 

 

一番大きな成果といえば…

 

日本初!「山女魚のアンチョビ」

去年、開発したのがこの商品。通称、山女魚のアンチョビ。

山女魚のアンチョビは日本で初めてで、小菅村の養魚場の方が「うちの山女魚は日本一!」と太鼓判をおす山女魚。

多摩川の源流域でキレイな水と寒暖の差が激しい環境により、魚の身がより一層引き締まって美味しくなるそう。

その自慢の山女魚をじっくり熟成したアンチョビは驚くほどマイルドな口当たりで美味しい。それに思った以上の評判で生産が追いつかないほど。

まさか、社会人2年目で村一番の特産の’’山女魚’’の商品開発を担当できるなんて。。

ありがたや〜。

協力してくれたたくさんの方、本当にありがとう。

 

f:id:benio-diary:20170604225402j:plain

 

これから目指すは…

しっかり、これからのビジョンとかキャリアプランを明確にしていかないと…

と感じる日々。。しかし、任期中ギリギリまで悩めるのもまた特権な気もする。

やっぱりでも、地域にとって何が必要か見極めて、山女魚のアンチョビみたいにプラスになることの積み重ねなんだと思う。そういうことをどんどん挑戦して実行できるような人になりたい。

なので、これからも悩み続けます。笑

 

 

ps.文章にするって、なかなか難しい!かたい文章になってしまった。。

 読みやすい文章を目指します笑

 

おわり